理学療法士になるには、どんな心構えが必要ですか?

トップページ
お気に入りに追加

理学療法士になるには、どんな心構えが必要ですか?

e5d1b2f7520c3e072a694b09a90f3d77_s

理学療法士になりたいと思い学校に入学してくる人はたくさんいらっしゃいますが、その心中にはいろんな思いがあります。

「資格を取っておけばその後は安心」「一度免許をとれば一生使えるので、生活に困らない」という気持ちで理学療法士になりたいと思う方は少なくないでしょう。

しかし、本当の理学療法士になるには、それとは別の心構えが必要です。理学療法士とは、障害を負い自分自身のことが自分でできないと悩んでいる方が、日常生活を送るために必要な活動を獲得させてあげるためのお手伝いをする仕事です。

そのため、患者さんの力になりたい、患者さんのお手伝いがしたい、患者さんが自分自身のことができるようになり喜んでいる姿を見たいなど、ある意味奉仕の精神、他人と喜びを分かち合う気持ちが重要になります。

理学療法士になるために、やっておくとよいことはありますか?

理学療法士になるには、人のお手伝いをする気持ち、人の喜びを自分の喜びとできる気持ちが必要になります。そのため、人に対して優しくなれる気持ちが必要でしょう。

理学療法士になるには、どんなことを入学前にしておくと良いのでしょう?理学療法士は理系・文系を超えた知識が必要になりますので、中学・高校で学ぶことについては十分に知識を持っておくことが重要になります。

さらに、人に対してお手伝いをすること、困っている人に対して奉仕をすること、ボランティアでも結構だと思いますが、困っている方のお手伝いをすることが当然だと思えるような行動、活動をしておくとよいですよ。